知る 〜 WARAN(和蘭) 〜

ムコヤマは日本の伝統美を世界の人々に伝えたいと考えています。
日本には盆栽という小宇宙を表現した芸術が有ります。
WARAN は東洋の文化、そして日本の宇宙観を表現した蘭です。
WARAN は清楚で趣のある姿と、洋蘭の華やかさを併せ持つ、新しい蘭です。
斬新な姿の中にも、侘び寂びや、落ち着きを感じさせてくれます。
植物の自然な姿・季節の移ろいといった植物本来の変化をお楽しみください。

WARAN

WARAN™ is a new type of orchid that combines neat and aesthetic figures of traditional Eastern Cymbidium,
and gorgeousness of Eastern/South-Eastern Asia Cymbidium.
We feel an aesthetic sense in Japanese art emphasising quiet simplicity and subdued refinement,
and calm in the radical figure.
You can enjoy the radical change of plants such as the artless figure and the transition of seasons.





和蘭はシンビデューム交配種の一分野に入りますが、どのような交配種が和蘭であるか定かではありません。
和蘭を創造、開発した向山蘭園(ムコヤマ)は、1978年Cym. Buttons &Bowsの交配(再交配)を行い、
1983年にvar‘夢千代’他二個体を選抜、1987年秋 CP苗を販売、1990年春 その開花株を販売したのが
和蘭の始まりです。

東洋蘭と洋蘭系シンビの交配で作られた中型系シンビは古くからありますが、
ムコヤマは東洋蘭に近い形状をした個体を選抜しました。

そこには、ムコヤマが目指す「日本の花文化を世界に発信する」ことが出来る蘭の選抜があります。
以来35年間和蘭の姿を追求し続けてきました。

和蘭とは、東洋蘭と呼ばれるシンビ原種、「春蘭」「報才蘭」「駿河蘭」「寒蘭」が、25%以上の割合で遺伝子を
持っていることが第一の条件となります。

次に、草姿と花茎のバランスが上記の原種に似ていることが必要です。

和蘭の基本的条件は重要ですが、最も重要なことは日本の花文化、東アジア三千年の蘭文化継承発展、
そして発信することです。

Waran is a new type of Orchid that is being developed by Mukoyama Orchid.
Waran’s one hybrid parent: Cym. goeringii ,sinense, ensifolium and kanran.

Waran is a kind of crossbreed of Cymbidiums. No one knows for sure what kind of crossbreed Waran is.
However; I would like to mention some basic facts about what Mukoyama Orchids have created and developed.

In 1978, Mukoyma Orchids conducted to hybridize between Cym.
Buttons and Bows and in 1983 the Var. “Yumechiyo” along with two others individual brands were selected.
In the autumn of 1987 community size of mericlone plant was sold.

Intermediate Cymbidium by hybridizing has existed since long ago but Mukoyama has selected an individual
that has been formed to be similar to the Oriental Orchid. Mukoyama aims to launch the orchid that has
Japanese flower culture to the world.

Waran is a Cymbidium of a pure hybrid which has been called “Oriental Orchid”.
To qualify as this the first condition is that it must have more than 25% gene of Cym. goeringii, sinense,
ensiforium
and kanran.

The second condition is that it needs to resemble the pure breed mentioned above which has a balance of the
shape of plant and the stem of the flower.

However, the most important thing to inherit is to develop and transmit the 3000 years of East Asia history of the
orchid and Japanese flower culture.



 撮影協力/養老酒造
東洋蘭の清楚で趣のある姿と、洋蘭の華やかさを併せ持つ和蘭。斬新な姿の中にも、侘び寂びや落ち着きを感じさせてくれます。
植物の自然な姿・季節の移ろいといった植物本来の変化をお楽しみいただけるWARAN™は㈱向山蘭園の登録商標です。


和蘭の歴史

東洋蘭は、日本・韓国・中国・台湾に自生する
「春蘭」「寒蘭」「駿河蘭」「報才蘭」等の略称で、シンビジウムの原種です。
これらの東洋蘭は古くは、3,000年前にはすでに観賞された記録があり、
孔子の論語にも蘭の記述があります。

日本では、奈良時代以降、大名や貴族の間で高貴な趣味として楽しまれて以来、
江戸の園芸文化と共に成熟していきました。
掛け軸に描かれている春蘭などは、春を迎える茶室に掛けられた水墨画の世界、
茶道の世界とも一体となっています。

蘭の上品な香りや葉の紋様、蘭を植える器など、
植物を置く環境と雰囲気を考えて、
それをとりまく全体像を花文化として昇華させてきました。
蘭をその美と捉えるだけでなく、植物と観賞する場所との組み合わせ、
その調和を限りなく探究し続け、現在に至っています。

大英帝国華やかな頃、英国を始め欧州の貴族達は、東南アジアや中南米の
蘭の自生地を訪れ多くの原種を収集、自国へ持ち帰った蘭を基に交配育種を行い、
現在の改良種の基礎が作られていきました。

十九世紀の後半から始まった改良の歴史は二十一世紀になり、
より華やかで気品がある蘭へと変化していきました。

洋蘭は現在でも多くの愛好家を魅了すると共に、
その華やかさから贈答用の花としても広く利用されています。
和蘭「WARAN™」は、異なる文化の中で発展していった東洋蘭と洋蘭を組み合わせることで、
より親しみやすい蘭として提案する新しい試みです。

日本の風土に合っているため、育てやすく、関東以南の温暖な地域では、
庭植えで楽しむことも出来ます。
花が咲いていく姿や成長していく姿から、季節の移ろいを感じることも楽しみの一つです。
風にそよぐような繊細な葉姿、器との植物の調和、そして慎ましく美しい和蘭のなかに、
空間的・時間的な奥行きを感じていただけるでしょう。



Copyright © 1999 Mukoyama Orchids Co.,Ltd. All Rights Reserved.