知る 〜 パフィオペディラム 〜

食虫植物のような独特の唇弁をもつパフィオは熱心なファンを持ち、
花弁に黒点を持つユニークな花は何故そうなるのか
学究的興味もわく個性的なランです。
ムコヤマは幅広い花色や型を持つ新品種を供給していきます。

Paphiopedilum

The paphiopedilum orchid, with peculiar lips like carnivorous plants,
is a unique and unusual orchid praised by its ardent fans.
We supply seedlings to produce flowers which have been improved to be
well-suited to the color tastes of Japanese for further and wider dissemination of this orchid.
We will supply lots of hybrids of readily enjoyable orchids
with their long blooming period and their compact habit.


熱帯の東南アジアから中国南部まで分布するパフィオペディラム。
カトレアなどの他の属のランとは異なり、地面に根を張り(地生ラン)バルブを持っていません。
これらのことから乾燥には比較的弱いので、水をこまめにやることが必要です。
花色は比較的地味ですが、花型はとても個性的な形をしており、インパクトがあります。
その独特な姿には味わい深いものがあり、多くの愛好者がいます。


栽培の様子(神金農場)

パフィオペディラムの原種の自生地(黄色の部分)

代表的な原種の自生地
種名 自生地
callosum タイ、インドシナ半島
delenatii 東南アジア
insigne ヒマラヤ
philippinense フィリピン






Copyright © 1999 Mukoyama Orchids Co.,Ltd. All Rights Reserved.